• 丸 サチコ

自己紹介② 月よみ師

そんな頃、第二子(息子)を妊娠。一度、活動を休止し、この子を自宅出産しました。 自宅出産も素晴らしい体験でした。 これについても機会がありましたら、ブログで書きますね。

年齢的にも最後の出産だと思われ、しばらくは息子の育児を堪能。

幼稚園に通う頃から少しづつ、リフレクソロジーを復活。 同時に介護のお仕事も始めて、介護福祉士を取得しました。 介護のお仕事もとても勉強になりました。


結局「人」に興味があるんだな~と気づかされました。


そのころ50代に突入した私は御多分に漏れず

「私の人生これでいいのか?」と自問自答し始めました。


私より若い友人が病で亡くなりました。

娘の同級生が若くして亡くなりました。

私の母は50代後半で亡くなりました。  

私がいつ、天に召されるかはわかりません。

今、その時が来ても後悔しないかな?


もっと、なにかできる。やりたい。

そう思っていた時「月よみ師養成講座」と出会いました。

月よみが何かもわからないのに、なぜか強烈に惹かれて申し込みました。


月は私にとって幼いころからの癒しでした。

辛いこと、悲しいことがあると、夜、月を見てはじんわりと癒されてきました。

もちろん小さい頃は「癒されてる」とはわからないのですが・・

月をながめていると、慰められているように感じていたんですね。


幼い頃から今に至るまで、月を見上げては「ほ~っ」と一息つくのです。


また、月の満ち欠けに自分の体調、気分が左右されているのも感じていました。


これを学んで何になるのか?よくわからなかったのですが

ずっと共にあった月の事をもっと知りたい!

と思ったのが月よみ師になったきっかけです。





4回の閲覧

©2020 by 月よみRefle。Wix.com で作成されました。